離婚の慰謝料

離婚の慰謝料はもめることが多いでしょう。こういったことも弁護士にお任せで間違いなしです。泣き寝入りにならないように弁護士に相談することをお勧めします。

特に相手の暴力、不倫等、相手によって苦痛を与えられた場合は、相手から慰謝料をもらうのは当然です。その額は二人が合意すればいくらでも良いようです。相場としましては数十万以上となるのが一般的ですが、調停や裁判となった場合はどのくらい苦痛を受けたか、どちらに責任があるかのほか、当事者の経済状況や婚姻日数を考慮して裁判官が決めます。でも、離婚問題に長けている弁護士に相談しますと、今までの経験、専門知識を活かし、その他に相談内容や証拠を精査した上で、このくらいの慰謝料がもらえるということを算段できます。こういった後押しは相談者の大きな力になるでしょう。

一般的に慰謝料は3年以内に、不倫やDVの慰謝料もその事実から3年以内に請求しなければいけません。時効があるからです。こういったことを考えても、やはり弁護士の力が必要と言えるでしょう。弁護士は被害者の味方、弱者の味方です。離婚で個、待った時は助けてもらいましょう。後悔のない離婚をして、それなりの慰謝料をもらえるように、はやめに弁護士に相談しましょう。

(参照リンク)離婚相談について弁護士相談|小原法律特許事務所

 

Pocket