離婚の慰謝料

離婚の慰謝料はもめることが多いでしょう。こういったことも弁護士にお任せで間違いなしです。泣き寝入りにならないように弁護士に相談することをお勧めします。

特に相手の暴力、不倫等、相手によって苦痛を与えられた場合は、相手から慰謝料をもらうのは当然です。その額は二人が合意すればいくらでも良いようです。相場としましては数十万以上となるのが一般的ですが、調停や裁判となった場合はどのくらい苦痛を受けたか、どちらに責任があるかのほか、当事者の経済状況や婚姻日数を考慮して裁判官が決めます。でも、離婚問題に長けている弁護士に相談しますと、今までの経験、専門知識を活かし、その他に相談内容や証拠を精査した上で、このくらいの慰謝料がもらえるということを算段できます。こういった後押しは相談者の大きな力になるでしょう。

一般的に慰謝料は3年以内に、不倫やDVの慰謝料もその事実から3年以内に請求しなければいけません。時効があるからです。こういったことを考えても、やはり弁護士の力が必要と言えるでしょう。弁護士は被害者の味方、弱者の味方です。離婚で個、待った時は助けてもらいましょう。後悔のない離婚をして、それなりの慰謝料をもらえるように、はやめに弁護士に相談しましょう。

(参照リンク)離婚相談について弁護士相談|小原法律特許事務所

 

Pocket

弁護士を味方に

離婚はだれにでもあり得ることです。ただ、離婚を考え、誰にも相談できずに悩んでしまうと言う場合があるかもしれません。このようになってしまうと負の連鎖で精神的に辛い状態になり、病気になってしまう可能性があります。そうなってはいけません。そのような時は弁護士に頼ることをお勧めいたします。

弁護士というと、相談料が高そう、敷居が高いと思われがちですが、そうでもないのです。初回の相談は1時間まで無料というところがあります。1時間あれば、かなり相談ができますから、聞いてほしいことを予めメモしておくと良いでしょう。そして、手軽な着手金で弁護士は相手との相談等を進めてくれるようですから、それほど高い金額を心配しなくても大丈夫です。また、弁護士の性別を選択すると言ったことも可能ですから、有難いことでしょう。相談相手が同性の方が良いと言う人(特に女性)は多いようですから、こういった点は安心できます。また、こういった事務所は日本全国にありますから、相手の居住地で調停や裁判を行う場合も支店の弁護士が請け負ってくれますから、助かります。その他、色々と嫌な思いをしたため、特に相手と会いたくないと言った場合も弁護士が様々な話し合いを代行してくれるのも嬉しい限りでしょう。

このように弁護士を味方に付けましょう。

Pocket

離婚弁護士無料相談

夫婦は一度は愛し合い、この人と一生一緒にいたいと思って結婚するものですが、そうもいかなくなってしまう場合があります。人間誰しも、間違いはあるものですが、その間違いが家庭不和を引き起こし、家族を不幸にするようなものであれば、間違いを犯した人(夫あるいは妻)とは婚姻関係を解消し、他人として生きて行った方が他の家族が幸せになれるという事だってあるのです。それを離婚と言います。寂しいことかもしれませんが、それそれの事情がおありになる事でしょう。

こういった離婚問題専門の弁護士がいます。離婚に関して困った事があれば、そういった弁護士に相談するのが一番でしょう。たいていの弁護士は無料相談を受け付けているようです。その相談は離婚したいけれど、相手が応じない(離婚調停を考えている)、親権問題でもめている、財産分与、慰謝料といったお金関係の問題でもめている、離婚を決意したけれど、その後の生活が不安、別居中で離婚したい、離婚後の条件を変えたい等、多々あることでしょう。このような離婚に関する悩みは何でも、離婚専門の弁護士に打ち明けてみましょう。きっと良い解決策があるはずです。当サイトはそんな皆様を応援致します。弁護士が味方になる事、離婚の慰謝料について、分かりやすくお伝えいたします。離婚問題でお困りの方、これから離婚を考えていらっしゃる方、離婚についての知識を入れておきたいと言う方、必見です。当サイトの内容をご参考に離婚について、前向きに考えてみましょう。

Pocket